日本代表の二つ天才サッカー選手である中田英寿と本田圭佑

日本代表の二つ天才サッカー選手である中田英寿と本田圭佑がよく人に比べられています。中田英寿ょリ10歳若ぃ本田圭佑も、十分に変わっている。ジュニアユース時代に所属したガンバ大阪で、彼はエースではなく、それどころかレギユラ—というわけでもなかつた。当時のコーチに話を間くと、プレーのことはあまり記憶に残っていないという。では、他の多くの日本代表サッカー選手と変わらなかつたかというと、そうでもなぃ。

当時、ガンバのジュニアユースには「根性練習」というスバルタメニューがあリ、若者たちは徹底的にしごき抜かれた。その中で少しでも諦めたリ、声が出なくなったリすると、コーチは「そんなんなら帰れ!」と容赦なく練習を切り上げてしまつたそうだ。鬼コーチの一喝に、少年たちは俯くしかない。だが、本田圭佑だけは違ったという。「お願いします!練習続けさせてください!」とコーチに食い下がったのだ。あまりの必死さに、コーチも練習を再開するしかなかったとぃう。

周りの顔色を窺って身の振り方を決めるのではなく、自分の頭で考えて行励する。そうやって中田英寿と本田圭佑は道を切り開いてきた。その芯の強さが、ピッチで倒れない強さの根源といつてもいい。中田は現役時代、日本代表メディアや同僚、監督と幾度も衝突した。チーム内で浮いてしまつたこともある。本田にしても3連敗した北京五輪での発言が物識を醸したが、中田ほど逆風にさらされているわけではない。むしろ、周リと上手くやつている印象を受ける。

代表での練習後の記者への対応も、話さないと決めればだれとも話さず、話すときはだれとでも話す。だれに対しても平等なため、メディアから文句が出ることもない。このあたリの性格はもちろんのこと、中田の失敗から学んでもいるのではないだろうか。同時に日本のメディアやファンも、三浦カズや中田英寿を見てきて、「チームには、こういう外国人も必要なのだ」と、その言動に理解を示すようになつている。伸び伸びとプレ—する本田を見ていると、過去の教訓が生きているように思えてくる。
ロンドン五輪が終わり、間もなくワールドカップ最終予選が再開する。いまの日本代表の実結、陣容を考えれば、ブラジル大会でのベス卜8は現実的な目標といつていい。日本代表が新たな地平を切り開くとき、その中心には間違いなく糈桿な面描えをした金髪の男がいるはずだ。本田圭佑サッカー選手は日本のオンリ—ワンだ。いまだ「中田英寿2世」「後継者」が出現する気配はない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です