日本人気サッカー選手香川真司がマンチェスター・ユナイテッドでの働き

マンチェスター・ユナイテッドは変革期にあるとはいえ、昨季も最後まで優勝争いをしたプレミアの強豪だ。主導権を握って戦うゲームがほとんどであり、ある意味、日本人気サッカー選手である香川真司はマンチェスター・ユナイテッドの看板に守られながらプレーすることができる。守備に忙殺されて持ち味を発揮できないといった問題はまず起こらない。思うようにボールをもらえない、出したパスが生きないといつたこともあまりないだろう。

アルゼンチンのサッカー選手であたフアン・ セバスチヤン・ベロンは2001年から02 シーズン在籍した。当時のリーグ最高の移籍金で獲得したにもかかわらず、それに相応しい働きはしていない。2008年にトッテナムから獲得したディ、ミ夕ール・ベルバトフも現在は微妙な立場だ。 移籍当初は、マンチェスター・ユナイテッドにはいなかつた夕イプとしてチームに刺激を与え、貢献していたが、徐々に先発から外れるよぅになリ、いまではほとんど存在感をなくしている。

フアーガソン監督の目をもつてしても、やはり当たり外れはあるわけだ。ベロンとベルバトフは、ユナイテッド加入 の段階ですでに完成された選手だった。そして個性もはつきリしていた。どちらもマンチェスター・ユナイテッドのカラ—とは異なり、いわば異分子なのだが、それゆえの化学反応を期待しての獲得だつたといえる。

日本人気サッカー選手である香川真司はそこまで完成品とはいえないまでも、ベロンやべルバトフのケースとほぼ同じと いっていい。香川もまた、ユナイテッドを進化させるための切り札であリ、同時に実験的な試みといえるかもしれない。香川のチームへの適応は惡くないようだ。量も才能もあり、献身的なプレーぶりはマンチェスタ—・ユナイテッドのチームカラーにフィットしやすい。すでにドイツでの経験もあるので、気候にも順応できるはずだ。チームの一員として認められれば、プレミアリーグにフイッ卜するかどうかというハ—ドルはさほど高くない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です